んこへのこだわり

Foodstuff

美味しい餡を作るには、まず

良い小豆をえらぶこと

亀屋万年堂で使用している小豆は北海道産の、厳選を重ねた大粒のものです。商品ごとに餡の糖度や水分量などを調整しており、自社工場では年間七十種類以上もの餡をつくっています。例えば、亀屋万年堂の人気商品であるどら焼きの餡の特徴は、大福と比べると水分が多く艶のある仕上がりで、甘さが控えめなこと。亀屋万年堂では自社工場で餡をつくっているから、それぞれの配合を細かく調整することができ、異なる味わいを持ったおいしいお菓子が生まれるのです。餡一つひとつの味わいの違いを、ぜひご賞味ください。

あんこができるまで

厳選した小豆を炊き上げます。
※豆炊きのこだわりや注意点など確認

煮上がった小豆の外皮を取りのぞき裏ごしをし水に晒します。

圧搾機により水分を絞り生あんが出来あがります

出来上がった生あんに砂糖などを加え、亀屋万年堂のそれぞれのお菓子に最適なあんこに仕上げます。

亀屋万年堂は和菓子作りの心臓ともいわれる餡作りを自社の製餡工場でおこない、
1つ1つのお菓子に最適なあんこの甘味や食感にこだわっています。