東京 自由が丘 亀屋万年堂

あんとバター 北海道ナボナ
薩摩芋とバター 九州ナボナ

国産素材にこだわった
新しいナボナの誕生

CONCEPT商品コンセプト

ナボナと国産の
こだわり素材が出会い、
新しいおいしさが
生まれました。

1963年の発売当初から現在まで、
時代の変化に合わせて
少しずつ進化してきた『ナボナ』。
さらなる進化を目指し、
厳選された“和”と“洋”のこだわり素材を
掛け合わせました。

新たな発見・喜び・感動を体感してもらえる、
今までにない『ナボナ』が誕生したのです。

北海道ナボナ
九州ナボナ

LINE UP商品紹介

ナボナ史上最高の口どけを

3つのこだわり

北海道産の小豆や九州産薩摩芋など
こだわりの国産素材を使用し、
南アルプスの麓にある白州名水で
丁寧に炊き上げたやわらかくなめらかな餡は、
新しいナボナの味の決め手でもあります。

白州名水はクセのない
口あたりの良いまろやかな味で、
軟水の中でも硬度の低い水です。
硬度の低い水は小豆を
やわらかく炊くことができるため、
理想通りのやわらかな餡が出来上がります。
また素材の味を感じていただけるように
甘さを控えめにし、素材そのもののおいしさを
感じられるようにしています。

餡のおいしさを最大限味わえるように
合わせたバタークリームは
北海道産フレッシュバターの濃厚さと
後を引くおいしさが魅力です。
バターは低い温度で溶けるため、ひと口目から
濃厚なバターの風味を感じることができます。
後味がさっぱりとするように
塩味をしっかりと効かせているため
「また食べたい!」と思わず手が
伸びてしまうこと間違いなし!の味わいです。

一番のこだわりはナボナの命とも
言えるナボナ生地にあります。
ふわっとした食感と口どけにこだわり、
製法を見直し、
素材から何度も試行錯誤を重ねました。
厳選した国産小麦粉を使用し
食べたことのない最高の口どけへ。

餡とバタークリーム、ナボナ生地が同時に
口の中でとろける、新しいナボナが完成しました。
ナボナ史上最高の口どけを目指した
フレッシュな味わいを、どうぞお楽しみください。

北海道ナボナ
あんとバター

[北海道産小豆使用]
濃厚なのにさっぱりとしたバタークリームに
合う甘さと柔らかさに仕上げました。 162円(税込)

九州ナボナ
薩摩芋とバター

[九州産薩摩芋使用]
九州産薩摩芋の甘さと風味を活かした、
なめらかな薩摩芋あんを挟みました。 162円(税込)

MOVIEスペシャルムービー

ホームラン王は譲れない

「ナボナはお菓子のホームラン王です」
元祖ホームラン王の王貞治氏を起用し、
このフレーズとともにテレビCMの
放映を開始したのは1967年でした。
はじめて『ナボナ』を食べた方は
そのふわふわ食感に驚き、
おもわず笑顔になったそうです。

その『ナボナ』のCMが、このたび復活!
約30年ぶりに王貞治氏にご登場いただきました。

当時を懐かしむ方にも、
はじめて知る方にも、
今の技術だからこそできる、
これまでとは全く違う『ナボナ』で
ぜひ笑顔になってほしい。
そんな熱い思いが込められた『ナボナ』を、
ぜひご賞味ください。

元祖ホームラン王 王貞治氏
[ CM ]
[ メイキング ]

世代を超えた、
すべてのお客様の笑顔のために
ナボナはおいしさを追求してまいります

『ナボナ』は1963年(昭和38年)の誕生以来、
50年以上経った今でも
数多くのお客様に親しまれています。

当初はチーズクリームと
ママレードジャムの2種類のみだったナボナも、
現在では数多くの味がラインナップに加わっています。
時代ごとに求められる味わい・食感を
追求しながら、ナボナはどんどん進化を遂げています。

何世代にもわたって愛される
「お客様に心から笑顔になってもらえるお菓子」
を作るために、
これからも亀屋万年堂は
常に新しいものを追求し、
お客様においしさと笑顔を提供し続けてまいります。

ONLINE SHOP

\ この記事をシェアする /