社の取り組み

Company initiatives

会社の取り組み

◆健康優良企業(銀の認定)を取得

株式会社亀屋万年堂は、全国健康保険協会東京支部に「健康企業宣言」を行い、次の通り積極的健康経営への取組みを実施、2018年11月22日付で「健康優良企業(銀の認定証)」を取得いたしました。
(認定 協銀第136号)
今後も更なる健康促進への取組みに努めてまいります。

  • 1.健診の受診率100%
  • 2.健診結果の活用
  • 3.職場の健康づくり環境の整備
  • 4.「食」への取組み
  • 5.「運動」への取組み
  • 6.「禁煙」への取組み
  • 7.「心の健康」への取組み
健康優良企業 認定マーク

◆JFS-B規格を取得

「お菓子のホームラン王・ナボナ」など、菓子を製造しています。
亀屋万年堂製菓株式会社は、この度2019年5月付で食品安全マネージメントに関するJFS-B規格の適合証明を取得しました。JFS-B規格の適合証明の取得によりHACCPを含めた食品安全マネジメントシステムでの管理体制を確立いたしました。
今後もより一層「安全・安心」な商品をお客様にお届けすることに取組んでまいります。

JFS-B規格

【JFS-B規格について】
JFS-B規格は、一般財団法人食品安全マネジメント協会(Japan Food Safety Management Association)による日本発の食品安全管理規格で、HACCPの運用を含めた総合的な食品安全管理の規格です。

CSR(環境への取り組み)

環境基本理念

お菓子に関わる事業を行うにあたり、私たち従業員全員が地球環境を守り、
次世代のために持続可能な社会の実現に協力します。

環境基本方針

◆従業員の環境意識の構築

従業員一人ひとりが環境基本理念を共有することで、自主的に省エネルギー活動に取り組む意識を構築する。

◆菓子製造・販売スタッフからの省エネ活動の実施

環境基本理念を共有する製造・販売スタッフから省エネルギー施策を発信することで、
ボトムアップ型の効果的な省エネルギー活動が実現するほか、社内の活性化を実現する。

環境に関する数値目標

生産量原単位において、原油換算エネルギー使用量を年間平均1%削減し、
2018年度に2014年度実績比4%の削減を目指す。

  • ◆2014年度実績 原油換算 0.2858kl/1万個
  • ◆2018年度目標 原油換算 0.2743kl/1万個 (対2014年度比▲4%)

実施計画

◆各店舗・事務所における省エネルギー活動

  • エネルギー使用量の定期的な確認
  • 空調の適切な温度設定による電気使用量削減
  • 照明の消し忘れ防止、不要箇所の間引き活動による電気使用量削減
  • 屋外照明点灯時間の適正化による電気使用量削減
  • 高効率照明(LED照明等)への更新による電気使用量削減

◆製造拠点横浜事業所の省エネルギー化

  • 製品歩留の向上による生産量あたりのエネルギー使用量削減
  • 窓に遮熱カバーを設置することによる空調効率向上
  • 高効率照明(LED照明等)の導入検討
  • 高効率空調設備の導入検討
  • 高効率ユーティリティー設備の導入検討